リジッドジーンズってなにさ?

ジーンズ

今回は、ジーンズ好きのためのジーンズ、そして、ぜひ1度は挑戦したいリジッドジーンズについてのおはなしです。

ジーンズはワンウォッシュが当たり前?

通常売られているジーンズのほとんどは、1度洗ってから店頭に並んでいます。

1度洗う=ワンウォッシュ加工には、いくつもの利点があります。

ワンウォッシュ加工の利点

  1. 糊を洗い落とすことができる
  2. 生地が柔らかくなり穿きやすくなる
  3. 生地の縮みを気にする必要がない

ジーンズをつくる際、分厚い生地から効率よく生産をするために、糊で生地を固め、裁断や縫製をしやすくしています

また、ジーンズの生地デニムは、洗うと縮むという大きな特徴を持っています。

ワンウォッシュ加工を施すことで、これらの問題が一気に解消するのです。

かつて、アメリカからやってきたジーンズが、日本で最初に売られ始めた際、固くて新品のジーンズは人々に受け入れられず、逆に、米軍などから引き下げられた古着のジーンズばかりが売れていたそうです。

そこで日本のジーンズメーカーが、

「売る前に、一回洗って穿きやすくすれば、売れるのでは?!」

と、新品のジーンズを洗うようになったそうです。

リジッドジーンズとは

リジッド-rigidーとは英語で固く曲がらない、硬直した、こわばった、という意味。

その名の通り、リジッドジーンズは、バリバリに固いジーンズのことです。

そして、リジッドジーンズには、

  • アンサンフォライズド=糊つき未洗い 防縮加工なし
  • サンフォライズド=糊つき未洗い 防縮加工あり

の2種類があります。

アンサンフォライズドの一切加工が施されていないジーンズは、

生ジーンズ(raw jeans)とも呼ばれます。

そうなんです、リジッドジーンズとは、

先述のワンウォッシュ加工を施していないジーンズのことなのです。

ちなみに、サンフォライズドとは、

デニム生地の縮みを解消するための防縮加工技術のことで、

生地の状態で施されています。

発明者、サンフォード・クルエットの名にちなんだ名称です。

この加工技術により、ジッパーフライのジーンズが本格化した、

というのは、わりと有名なはなしです。

なぜリジッドジーンズ?

以前ブログでも触れましたが、ジーンズの特徴でもあり醍醐味として、

経年変化があります。ジーンズは自分のからだに合わせて育てるもの

これは、ジーンズ好きには常識、といっても過言ではありません。

そのように、自分のからだにフィットさせ、

育てるために欠かせない要素が、縮みです。

Shrink To Fit(フィットするように縮む)という名をもつジーンズ。

水に濡らして、乾けばより自分のからだにフィットする、

とかつてのアメリカ労働者たちは、ジーンズを穿いたまま水に入った、

というエピソードもあるくらいです。

そして、穿けば穿く程自分のからだにそったシワが、

膝の裏や股間にでき、太ももや膝の部分、ボタンの形や、

いつもポケットに入れている財布の形がわかるほどに、

生地が張っている部分に色落ち(アタリ)が現れます。

これらの変化はリジッドジーンズを穿くとより顕著に現れます。

なぜなら糊がついて生地が固い分、動いた跡が残りやすいからであり、

洗っていない分、色落ちもキツく濃く現れるのです。

リジッドジーンズは、育てがいのある、

まさにジーンズ好きのためのジーンズ、こだわりのジーンズなのです。

リジッドジーンズの育て方

リジッドジーンズの育て方は、こどもを育てるのと同様、

育て方もひとそれぞれ。

そして、自分で試行錯誤することが楽しみのひとつでもあります。

なので、あくまでひとつの例です。

  1. 糊がついた固い状態で、しばらく穿いてみる
  2. 最低3−6ヶ月穿き続け、その後洗濯して糊を落とす
  3. シワをこくつけるために、脱いだときそのままの型にしておく

糊がついていることで、シワがくっきりつきます。

糊がついている状態でどれくらい穿き続けるかが大きなポイント。

シワを重視しメリハリのある色落ち=アタリをつけたいなら、

洗わずに、できるだけ長く穿き続けることです。

逆に、長期間穿いた後で洗うと、そこで縮みが生じるので、

アタリの部分が微妙にずれてしまいます。

くっきりしたシワとアタリを重視するのか。

アタリの位置を重視するのか。

糊を落とすタイミング、いいかえれば、洗うタイミングが、決断の時です。

そして、その洗い方もさまざまな手法が。

それについては、長くなりそうなので、またの機会に。

リジッドジーンズの注意点

リジッドジーンズには、縮みによりサイズのトラブルが多いのも事実です。

メーカーによって、生地が違う分、縮み方の特徴もまちまちです。

リジッドジーンズに挑戦する際は、

サイズ選びに十分すぎるほどの考慮が必要です。

縮みを考慮して、ジャストサイズより大きめのサイズを選ぶことが基本です。

が、とにかく、そのジーンズのことを熟知する店員さんや、

リジッドジーンズ経験者の声を参考にすることが大切です。

自分の動きや生活をジーンズに刻みこむ。

ジーンズのシワや色落ちが、あの時の記憶とともに刻まれる。

固くバリバリで頑固なリジッドジーンズは、実は最も懐が深く、

自分に誠実な相棒になり得るのかもしれません。

Tag:,,,,

SNS Share

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です